FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

VT用3LineRCIをとりあえず公開

この2日ほど、アクセスが急増しています。
理由は、
メタボリック社長のFX日記~レバレッジ400倍の無謀なる挑戦!
で、3歩進んで4歩下がるさんがコメントで、ここのVT用RCIを紹介してくださったからのようです。(感謝!)

そういうわけではないですが、VT用の3LineRCIを公開します。
まだ速度向上が十分でないので、少々重いです。

興味のある方は、以下をどうぞ。
-----------------
vt_RCI_3Line_v13.vtscr
今後の最新はMT4とVTの自動売買プログラミングで公開していきます。
-----------------
デフォルトのPeriodは、9、13、26です。
上限は26なので、それより小さい数字で使ってください。
右クリックで、「対象をファイルに保存」で保存して、VT TraderのインディケータービルダーでImportしてみてください。
もしも拡張子が.zipになった方は、ダウンロードした後に解凍せずに、拡張子を.vtscrに変更して試してください。
もしくはダウンロードする際に、ファイル名を「vt_RCI_3Line_v13.zip」から「vt_RCI_3Line_v13.vtscr」に変えて、ファイルの種類を「圧縮(zip形式)フォルダ」から「すべてのファイル」に変更してから保存ボタンを押して下さい。

同値処理も入れてあります。
画期的な?高速化のアイデアもあるので、そのうち実験してみます。まだうまくいくかどうかはわかりませんが・・・

では、要望等あればコメントお願いします。

ちなみに、VT TraderはCMSで使用できる自動売買可能なツールです。
スポンサーサイト

ランキングです。この文章が気に入った方は押してください。
にほんブログ村 為替ブログ FX システムトレード派へ にほんブログ村 為替ブログ FX スキャルピング派へ にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ

サイト内タグ検索 : FX  自動売買  VTTrader  CMS  RCI 

VT Trader用RCIインディケーター1.0完成

前回のVT Trader用RCIインディケーター作成中で書いていた、VT Trader用RCIインディケーターが一応完成しました。
まだ、同値判定を組み込んでいないのと、速度向上が必要です。
Periodも20までです。ちょっと物足りないかも?です。
試して見たい方は、こちらからどうぞ。
-----------------
vt_RCI_v10.vtscr
今後の最新はMT4とVTの自動売買プログラミングで公開していきます。
-----------------
デフォルトのPeriodは、9なので、適当に変えてみてください。(ただし上限は20)
右クリックで、「対象をファイルに保存」で保存して、VT Traderのインディケーター ビルダーでImportしてみてください。
もしも拡張子が.zipになった方は、ダウンロードした後に解凍せずに、拡張子を.vtscrに変更して試してください。
もしくはダウンロードする際に、ファイル名を「vt_RCI_v10.zip」から「vt_RCI_v10.vtscr」に変えて、ファイルの種類を「圧縮(zip形式)フォルダ」から「すべてのファイル」に変更してから保存ボタンを押して下さい。

次は、3ライン対応と、同値対応、速度向上ですね。
気長にお待ちください。よろしければ、コメントにご要望なども。

ちなみに、VT TraderはCMSで使用できる自動売買可能なツールで、デモ口座もあるので気軽に効果を試せます。
最近は、実際の取引より、VT Traderのスクリプトをいじる方が楽しくなってきました。本末転倒ですね。
ランキングです。この文章が気に入った方は押してください。
にほんブログ村 為替ブログ FX システムトレード派へ にほんブログ村 為替ブログ FX スキャルピング派へ にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ

サイト内タグ検索 : FX  自動売買  VTTrader  CMS  RCI 

VT Trader用RCIインディケーター作成中

引き続きVT Traderの自動売買スクリプトを勉強中です。
楽天証券のチャートで便利に使っていたRCIが、VT Traderでは標準で入っていません。
ということで、手始めにRCIのインディケーターを作成中です。

RCIは、Period内の順番を付けないといけないので、VT Traderで用意された関数の組み合わせでは簡単にはできそうにありません。
地道に計算するしかなさそうです。
ということで、まずは3Period固定のRCIを作成してみました。
3Periodでは使い物にはならないですが、どんなスクリプトか見たい方はこちらからどうぞ。
-----------------
vt_RCI_3Period.vtscr
今後の最新はMT4とVTの自動売買プログラミングで公開していきます。
-----------------
右クリックで、「対象をファイルに保存」で保存して、VT Traderのインディケーター ビルダーでImportしてみてください。
もしも拡張子が.zipになった方は、ダウンロードした後に解凍せずに、拡張子を.vtscrに変更して試してください。
もしくはダウンロードする際に、ファイル名を「vt_RCI_3Period.zip」から「vt_RCI_3Period.vtscr」に変えて、ファイルの種類を「圧縮(zip形式)フォルダ」から「すべてのファイル」に変更してから保存ボタンを押して下さい。

最終版では、最大20periodぐらいまで対応して、エラー処理なんかも入れて作る予定です。
(どれぐらい需要があるのだろう? 20periodぐらいで大丈夫? 欲しい人はコメントください。)

ちなみに、VT TraderはCMSで使用できる自動売買可能なツールで、デモ口座もあるので気軽に効果を試せます。
ここ最近は、実際の取引をせずに、VT Traderのデモ口座で遊んでばかりです。
ランキングです。この文章が気に入った方は押してください。
にほんブログ村 為替ブログ FX システムトレード派へ にほんブログ村 為替ブログ FX スキャルピング派へ にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ

サイト内タグ検索 : RCI  VTTrader  CMS  自動売買  FX  楽天証券 

VT Traderの自動売買でシグナル発生時のClose値をチャートに描画

2週間ほど前から、VT Traderの自動売買のスクリプトを勉強し始めました。
VT TraderはCMSで使用できる自動売買可能なツールで、デモ口座もあるので気軽に効果を試せます。

で、スクリプトについてはあまりネットにまとまった情報が載ってないですね。かなりの独学でいろいろ試してます。

第1弾として、VT Traderの自動売買でのシグナル発生時のClose値を、Price Frameに描画してみましょう。
これで、ほぼ売買時の値をチャートに描画できるはずです。

<Step1:トレーディングシステムの選択>
どれでも良いですが、最初から入っているトレーディングシステムの中から1つ選択してみましょう。
とりあえずここでは、
・VT-Moving Average Cross System
を選びます。

<Step1:変数の追加>
シグナルが発生時のClose値を描画するための変数を追加しましょう。
買シグナル用、売シグナル用の2つです。
【買シグナル用に、buy_price変数の追加】
・「Output」タグを選択
・「New」ボタンを押す
・「Var Name」に buy_price と入力
・「Name」に buy_price と入力
・「Indicator Output」にチェック

【売シグナル用に、sell_price変数の追加】
・「Output」タグを選択
・「New」ボタンを押す
・「Var Name」に sell_price と入力
・「Name」に sell_price と入力
・「Indicator Output」にチェック

色や、線種は好きなもの、わかりやすいものを設定してください。
Placementは、Price Frameのままにしておいてください。

買シグナル用に、buy_price変数の追加

<Step2:スクリプトの追加>
ここでは、
・VT-Moving Average Cross System
を例に説明しますが、シグナルの変数が違うだけなので、他にも簡単に応用可能です。
・「Script」タグを選択
・LongSignal、ShortSignalの行の次に、以下を追加

buy_price:=if(LongSignal,C,buy_price);
sell_price:=if(ShortSignal,C,sell_price);

買シグナル用に、buy_price変数の追加


<Step3:保存>
後は、保存アイコンを押して完了です。
もともと入っているトレーディングシステムは変更できないので、自動的に複製を作って保存されます。先に複製を作ってから変更してもOKです。
「Script dose not pass check!」というメッセージが表示されてれば、スクリプトに「全角スペース」が入ったり、タイプミスしていると思うので見直して下しさい。
問題なければ、シグナル発生時のローソク足のClose値が、描画されるはずです。


次回は、この変数を頼りに、一定額以上、上がり下がりしたときに、損切り、利食いのシグナルを出すようにしてみましょう。

ランキングです。この文章が気に入った方は押してください。
にほんブログ村 為替ブログ FX システムトレード派へ にほんブログ村 為替ブログ FX スキャルピング派へ にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ

サイト内タグ検索 : VTTrader  CMS  FX  自動売買 

VT Traderで自動売買に挑戦。デモだけど。

CMSで使用している「VT Trader」を使って、自動売買に挑戦してみました。
まだ口座は開いておらず、デモ口座での実験です。
最初からいくつかの、自動売買スクリプトが登録されているのですが、損切りや、利食いは自動的には行ってくれません。
ということで、この2週間ほど、いろいろとスクリプトを改造して、損切りや、利食いっぽいことを可能にして見ました。

しかし、残念ながら、ちょっと逆に振れてすぐに損切りしたり、利食いのタイミングを逃したりで、やればやるほど損失が膨らんでいきそうです。

自動売買を使って、どんな時でも安定して利益を稼ぎ、損失を最小限に留めるのは、かなり難しいことのようです。

まあ、ここのところリアルの取引では損失ばかりだったので、冷却期間として、もう少しスクリプトの改造を行ってみます。
そのうちですが、VT Traderのスクリプトについてのテクニックなどを、このブログで紹介していきたいと思います。
ランキングです。この文章が気に入った方は押してください。
にほんブログ村 為替ブログ FX システムトレード派へ にほんブログ村 為替ブログ FX スキャルピング派へ にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ

サイト内タグ検索 : VTTrader  CMS  自動売買  FX  損切り  利食い 

検索フォーム
ブログランキング
よろしかったら押して下さい

FC2Blog Ranking FXランキング

FX 為替 投資のためのブログ記事サイト

カレンダー
07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
サイト内タグ
日経平均、ドルなど
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
fx-on.com
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。